赤ちゃんとの出会いになる排卵誘発剤|MYベビーウェルカム

不妊に悩んでいるなら

医者

不妊治療の方法は一つではありません。治療の際には、排卵誘発剤が使用される場合もあります。様々な種類があり、それにより費用も異なります。近年では副作用も少なく、安心して使用することが出来るものも増えてきています。

詳しくはコチラ

医師と連携して

排卵誘発剤の種類

医者

排卵誘発剤は不妊治療に使われる薬です。排卵障害がある方だけでなく、月経がある方でも周期を整えたり、排卵を助けるために処方されます。排卵誘発剤には経口薬と注射があり、状況や治療の段階によって使い分けられています。経口薬で一番使われるのはクロミッド、次に初期段階に使用されることが多いセキゾビットです。注射ではhMGとhCGというホルモン注射があります。クロミッドは保険適用されているので自己負担は1ヶ月で500円前後、注射は1回500円から1500円ほど×処方日数になります。注射は経口の排卵誘発剤より効果があると言われています。費用も上がりますが、毎日通う、排卵状況に合わせて受診するなど大変な面もありますので、通いやすいクリニックを選ぶことが大切です。

副作用の様子を見ながら

クロミッドは正式名称をクロミフェンと言います。クロミッドは商品名で、現在ではいくつか後発商品(ジェネリック)が出ています。脳下垂体に作用し、FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体刺激ホルモン)の分泌を促し、卵胞を成熟させる薬です。重大な副作用は少ないのですが、長期に渡って服用すると、頚管粘液(排卵時に分泌が増え、受精を助ける)の減少や、子宮内膜が薄くなるという妊娠に関わる副作用が出ることがあります。医師に様子を診てもらいながらの服用がおすすめです。セキゾビットは効果も副作用もマイルドなので、治療初期に処方されることが多い薬。初めからクロミッドを出す医師も多いので、セキゾビットを希望の場合、その旨を伝えましょう。次に注射の場合です。hMGとhCGはFSHとLHが含まれており、前者はクロミッドの補助に、後者は無排卵、人工授精、体外受精に使われることが多いです。多胎や卵巣が腫れてしまう卵巣過剰刺激症候群などの副作用があります。副作用が出ない人もいますが、主作用を上回る副作用が出る場合もあるので、排卵誘発剤は医師と相談しながらの使用が不可欠です。そのためにも信頼できる医師を選びましょう。

リスクと治療効果

医者

排卵誘発剤は排卵を促す医薬品で、内服薬と注射タイプが存在しています。排卵を促すことが出来るため通常よりも妊娠の確率は高くなる一方で副作用を発症してしまうリスクも多少有ります。

詳しくはコチラ

排卵誘発剤での治療

看護師

排卵誘発剤とは排卵を適切な時期に促し、妊娠を手助けする薬です。内服や注射などで取り入れます。医師の指示のもとで治療を行います。価格は五百円からと負担は小さい事もあります。病院によっては保険が適応されることもあります。

詳しくはコチラ